スペシャルケアのしすぎに注意!鼻パックは控えめに

顔の毛穴の開きが気になる箇所の多くは「鼻」!どうしても目がいきやすい箇所だからこそ、毛穴の開きは他の箇所より気になってしまいますよね。実は鼻の毛穴の開き、「鼻パック」のしすぎが原因のひとつかもしれません。今やドラッグストアでかなりお手頃価格で手に入る鼻パック。鼻の毛穴の汚れが一気にとれ、鼻パックにびっしりついてきたときには、驚きと同時にとても気持ちがいいものですよね。「週に1度のお手入れ」として、毎週鼻パックを使用していませんか。

実は鼻パックの使用のしすぎは逆効果なのです。鼻パックの粘着力は意外ととっても強いもの。はがす際に汚れと一緒に大事な角質まではぎ取ってしまいます。角質は外からの鼻への刺激を守ったり、鼻内部のうるおいを守っている大事な存在。そんな必要な角質まではぎ取ると、肌トラブルの原因になってしまうのです。また、毎週鼻パックで角質までをとってしまえば、鼻は肌の潤いを守ろうと、皮脂を過剰に分泌してしまいます。それがより一層毛穴の広がる原因になってしまうのです。鼻のスペシャルケアは2週間以上の間を開けてパックをして。入浴後などの毛穴が開いているときに鼻パックを行えば、無理に毛穴を開く必要がなくなるので、肌の負担も少なくてすみますよ。眉毛

敏感肌・乾燥肌の方におすすめです

hanaオーガニックの日焼け止め、ウェアルーuvってどんな日焼け止め何でしょうか?

私は、紫外線に弱く、日焼け止めは必需品なんです。
でも、日焼け止めって、塗れば塗ったで何かちょっとヒリヒリする感じなんですよね。

それでも、まあ、こんなものかな。っと。気にしないで使ってましたが。この頃は、どうも気になる。
40歳をこえて、もともとの乾燥肌に加え、肌が敏感になってしまったんでしょうかね。

そこで、何かいい日焼け止めはないかと、ふと気になったのが、
このhanaオーガニック ウェアルーuvでした。

>hanaオーガニック ウェアルーuvは、敏感肌・乾燥肌におすすめ。

hanaオーガニックのウェアルーuv。これは、と思った決め手は、あるオーガニックコスメアドバイザーの方の
ウェアルーuvは敏感肌・乾燥肌におすすめ。の言葉でした。

ウェアルーuvの成分を見ても紫外線吸収剤や石油由来成分、ナノ化原料を使用せず、敏感肌でも大丈夫、とあります。
さらに、植物性由来成分によるナチュラルコーティングがなされているようなのですが、どうやらここに、まろやかな塗り心地の秘訣がありそうですね。

>hanaオーガニック ウェアルーuvをお使いの方々の声は?

ウェアルーuvをお使いの方々からも。
市販の日焼け止めでは、赤く腫れ上がりもしたが、全く刺激がなく
乳液のように伸びがよく、塗りやすい。
肌に息苦しさを感じない。
香りがとてもよく、肌にもよく伸びてなじむ。
塗ると肌が生き生きときれいになる。などなど。たくさんの喜びの声が寄せられているようですね。

あ、そういえば、肌にやさしい日焼け止めの選び方として、いくつか挙げられてるのを、見ましたけど。
その条件が紫外線吸収剤や石油由来成分、ナノ化原料不使用に使い心地の軽さ

そして、さいごに石けんで落とせることってありましたけど….。まさか、と思ったんですが。
このウェアルーuv、石けんでしっかり落とせるんですよね。

乾燥肌・敏感肌の方~、このウェアルーuvぜひおすすめですよ。顔汗

バルクオムはアトピーでも大丈夫かちょっと​心配

☆バルクオムは敏感肌やアトピーにどう?

今話題のバルクオム(BULK HOMME) 、アトピーの方の使用に耐えるかどうか、ちょっと調べてみました。
 題して、

 『バルクオムは敏感肌でも使える?』。

 バルクオム自身のQ&Aでは、めでたく、

 『使えます!』

と堂々の記述になっていました!

 肌質は選ばないのだそうです。
 つまり敏感肌の人も安心して使うことができる!
 嬉しいではないですか!
 低刺激の成分設計のおかげです。

 でもどんなふうに?
 ちょっと配合物とかひもといてみましょうか…

☆配合物とその働き

バルクオム三点セットは

洗顔料
化粧水
乳液

のトリプルケア
女性の基礎化粧のパターンと同じです

 では各々をみてみましょう。

◎洗顔料

 洗顔クリームでも固形石鹸でもない「生せっけん」タイプ。
 人肌くらいの温度で溶けやすく(つまり泡立ちやすい)、半固形ゆえに形成できるしっかりとした(弾力ある)泡を作ることができます。
 即ち、

「肌への摩擦を極力減らした洗顔をすることが可能」。

 きめ細やかに泡立つその洗顔料にさらに、クレイミネラルズ、ベントナイトが配合されていて、不必要な皮脂を毛穴から取り除き、ベタつく男肌を清潔に保ちます。
 汚れはきちんと落としながらも、皮脂を落としすぎての乾燥を招く心配がないところが生せっけんの長所。
 アトピー対処の要は保湿ですから、洗い上がりがしっとり心地良い、
 これは

 エモリエント効果抜群

ってコトですよね。

◎化粧水

 化粧水には以下のような成分が配合されています。

 リンゴ幹細胞エキス(収穫して4ヶ月後でも腐っていないことでスイスの類稀なリンゴ“ウトビラー・スパトラウバー”の『幹細胞』からつくられた貴重な培養エキス。驚国的な保水力で乾きやすい男肌の潤いを守る)

 保水力!

 加水分解シルク(皮膚への吸着性と浸透性が高い。高い浸透性で肌の奥、角質層にまで潤いを与えると同時に、肌表面に皮膜を作って水分の蒸発を防ぎ、乾きやすい男肌を潤し続ける)

 潤す!

 セイヨウシロヤナギ樹皮エキスから抽出した『サリシン』 (肌のキメを整えることで知られる注目成分。なにかと乾燥しやすい男の肌を、すべすべのモテ肌に)

 これは健康成分。

 チャ葉エキス( 肌を健やかに保つ働きのある、カテキンの一種が豊富で、肌の清潔感を長く保ってくれる)

 これも健康成分。

 さらにベースには、肌によくなじむ温泉水~玉造温泉水ときいています~を使用。
 自然由来の美容成分をふんだんに配合しつつ、保湿、保水成分もバッチリという、素晴らしい化粧水だそうです。

◎乳液

 乳液にはアンチエイジングの雄、スクワランが保湿成分として配合されています。
 補なわれた潤いを、保持して逃さず、それでいてベタつきや重さは感じさせずに、「何もつけていない」感を実現した、男肌のための乳液だそうで、ここにも保湿がうたわれています。

 いいですね。
 ただしバルクオムは全面的なオーガニックコスメではないので、エタノール等は配合されています。

 そして肌につけるものは、天然でオーガニックな成分であっても、人によってはアレルギーが出る場合もあるので、使用前に必ずパッチテストを行うべきです。
 アトピーでも心おきなく使えるコスメ。
 バルクオムには要注目ですね。乾燥肌