美に必要な酵素は正直まずいです

美に必要な酵素は正直まずいです
若いころは、何を食べても太らなかったし、徹夜してもお肌はつるつるで元気そのものでした。35歳をすぎたあたりから、だんだんだるさが抜けなくなったり、太りやすくなったりしてきました。
そこで「酵素」に興味を持つようになりました。最初はドラッグストアで販売されている酵素ジュースを試してみました。甘くて飲みやすくて、お水や炭酸と割って飲んでいました。ただ、加熱処理されているので、いろいろ調べて自分で作ってみようと思ったのです。私はキャベツの生酵素を作ってみました。お水とキャベツで作るので簡単ですが、とてもまずくてたまりません。私は朝食の前にそのまま飲むようにしていますが、あまりにもまずいときは、バナナのスムージーに入れるか、豆乳と割ってのんでいます。まずいだけじゃなく、三日目くらいから効果が出てきます。お肌がきれいになってきますし、自然な便通もあります。ただ手作りなので、飲む分だけ作ることになり、少し手間暇かかりますが、美しさを引き出すという行為は、そういうことかもしれません。消化酵素ばかり酷使させず、代謝酵素とバランスよく働いてもらえるようにしたいですね。発毛