CCクリームとは?

CCクリームはBBクリームとどう違うのか、調べてみました。

最近のメイクの主流はCCクリームですが、BBクリームはもともと医療現場で使われていて、
傷跡などをカバーする目的で作られています。

だからカバー力がより高いのがBBクリームなんですね。

それに対してCCクリームは、BBクリーム程のカバー力はありませんが、色の補正効果で
肌の凸凹などを目立たなくする、目の錯覚を想定したクリームなんです。

■何故肌の欠点がカバーできるのか

光の反射と拡散で、肌の欠点を見えなくするというわけです。

つまり肌の色をワントーンあげて、反射する光の後ろに欠点を隠すということですが、
保湿効果が高いので、使い続ければ肌質が徐々に改善されていくのが特徴です。

一般的には美容液と化粧下地に保湿効果を加えたものがCCクリームなので、
よりナチュナルな透明感のある肌になる反面、カバー力はあまりありません。

最後にパウダーファンデーションなどで仕上げることで安定します。

ただ、アンサージュのアーティCCクリームなどは、ファンデーション機能も含まれ、
1本が化粧下地、美容液、UVカット、保湿、ファンデーションの全てを兼ねるので、
時間の無い朝のメイクに大活躍しています。

■欠点に合ったものを選ぶ

この様にメーカーによって特徴も成分も異なりますが、自分の肌に合ったものを選ばないと
効果がないという欠点もあるんです。

たとえば、赤みのある肌を目立たなくしたいのに、肌色を明るくするタイプのものを使うと、
逆効果となってしまいます。

肌に合ったものを見つけると、肌質が艶と透明感のある美肌に見えます。

■カバー効果のメカニズムとは

一説ではCCはControl Colorの事だと言われていて、色の補正がベースのコスメということです。

メーカーにもよりますが、クリームそのものは白色なのに、肌につけてなじませると色が変わり、
もともと肌の綺麗な人がナチュラルメイクをしている様に見えるんです。

保湿成分やUVカット、美容成分は各社様々だと思いますが、色補正に関してはほぼ共通です。

光を拡散するソフトフォーカスパウダーと、光を反射する偏光パールパウダーです。
これにより、毛穴やシワが見えなくなり、3D効果で立体的に見えるわけですから、
顔というキャパスに描かれた、一種のアートと言えるかもしれませんね。

この頃、メイクがナチュラルで肌の綺麗な女性が増えたと思いませんか?

肌色補正効果のたまものという方も多いと思います。洗顔

ホルモンバランスを考えて体調を整える

ホルモンバランスって月の中で変化しますよね。女性は4回人格が変わると言われる位、このホルモンに左右されています。
まずわかりやすいのが生理中。これはダルイです。腹痛腰痛もあり、イライラがあります。
排卵日当たりが女性的な身体になります。
上手くできていますね。
生理あとは意外とデトックスが出来ていてダイエットがしやすいです。
そして、生理前これは、人にもよりますがだんだん痛みや胸のはりがあったり生理に向けての小さいイライラがあるかもしれません。
ホルモンバランスを考えて、体調管理をすると良いと思います。
生理中はダイエットは控えて血になる食事をとるようにする、生理後はダイエットを始めると効果的、排卵日周辺は血流促進をした方が排卵の痛み等ある場合和らぎます。
私は排卵痛があるのですが、身体があたたかいと痛みが和らぎます。
生理前は胸のはりが強くなるので、胸のマッサージは欠かせません。これをしないと私は乳腺炎になります。ホルモンバランスによって必要な、行為を知ると体調を整えやすかったり、ダイエットに、役立ったりします。便秘